学習方法いついて of 播磨塾


「塾へは何故行くのか?」『学生、児童諸君の成績を上げるため!』
このシンプルな答えが出発点だったはずです。 しかしながら、このシンプルな目的に、 それこそシンプルに向かえている学生諸君がどれ程いるのか? 私は疑問を持ちます。

1:【勉強の障害になっているものは】
塾の宿題 学校の宿題も含めてですが、宿題ははっきり言って写すだけ!になっていませんか?
具体的に言うと、勉強とは、出来なかった数学の問題が解けるようになる。覚えられなかった単語、
熟語、漢字を覚えられたといったようなことがあって、はじめて前進したと言えるのではないでしょうか?
勉強とは頭の訓練、鍛錬です。それが、いつの間にかただの作業になっていませんか?

2:【教材】
その分野分野で全てを網羅してくれている問題集。一回やって○×をつけてオシマイ!にしてませんか?
これでは間違ったところがそのままで進歩はありません。一回やってみた問題集。間違ったところの残っている問題集。これは、かけがえの無いあなたの財産です。
教材を有効に活用できていますか? 教材を購入して、全く使用していない教材はありませんか?それこそ、無駄、浪費そのものです。

3:【勉強のやり方】
勉強とは、解らないところをクリアしてこそ前進した!と言えるはずです。
例えば、偏差値50前後で伸び悩んでいる人の大半が、もう既に自分で理解できている分野、
得意としている分野を反復しているだけで、自分の苦手なところ、嫌なところを避けるという傾向がある! 
これは、これまで数多くの生徒を受け持ってきた中、私が実感してきたことです。


1から3の原因・理由を踏まえて、成績の上がる勉強方法とは?
1:単なる作業となってしまうことが予想される宿題は出さない。
2:必要な分野を整理し、能率よく、満遍なく問題をやってみる。
3:2の結果をしっかりチェックし、解っているところ、解らないところを選別する。
4:ここが、大事なのですが、3の選別によって、勉強をしている本人が自分自身でどこが解っていて、どこが解らないか?を認識する!言い換えれば、解らないところが解っている!ここまで来れば9合目です。
5:後は、解らないところを解るまでとことんやる、潰すだけです。