2015 natu 私立文系 of 播磨塾

HOME > 2015 natu 私立文系

〈私立文系〉

 英文法(20回)
なんとなくもやもやしていた問題点を、分かりやすいと評判の授業ですっきり解決して、秋からの英語学習に備えてもらいます。発音から始め、名詞・形容詞・副詞・動詞の時制・助動詞・仮定法・受動態・関係副詞・不定詞・動名詞・分詞・動詞+目的語+不定詞/分詞・補語・前置詞・接続詞 を取り上げます。長文の授業と伴わせて受講することをお勧めします。

 長文A(20回)
英文法を一通りマスターしたあと、スピードを持って英文を読むのに必要な手法を伝授します。難しい英文に挑戦するときに必要な読み方も指導します。最難関大に多数の生徒を合格へ導いた実績ある熟練講師が担当します。

 長文B(20回)
「どこから読めばいいのですか?」にお答えする読み方の練習をします。英文の意味が分かればよいのではなく。どのような構造になっているかが理解できて、その英語が自分で作れることが必要です。20回の受講でかなりの力がつけられます。

 高校国語(20回)
論説文を7回、小説を5回、古文を8回行います。色々な勉強方法を試しても、なかなか模試で結果が表れない人から、もう一つ壁を越えたいと思っている人まで対象です。播磨塾の講師は経験から各々の生徒が間違えてしまう原因を熟知していますので、一人一人の生徒が納得のいく説明を通して、満点を取れるようにするのを大目標としています。とりあえず、その中の二日は東京大の過去問を通して授業し、受講者に「センター試験の現代文なんて簡単だ」と言わせる秘策を用意しています。古文は、文法ができないと読めません。適当に読んでも正解にはなりません。文法を夏の間にきっちりして、秋から読解練習をした方が早道です。毎年、受講者全員から高い評価を得ている評判の講義です。

 世界史(15回)
休み明けに実施される各社の模試の範囲である、17~19世紀を中心に、難関私立大や国公立2次のレベルまで掘り下げた内容を、記憶に残るようなおもしろく興味深い話を通して学べます。また、特に通史として取り上げるテーマは、宗教史です。

 日本史(15回)
休み明けに実施される各社の模試の範囲である、中世、近世を中心に、難関私立大や国公立2次のレベルまで掘り下げた内容を、記憶に残るようなおもしろく興味深い話を通して学べます。また、特に通史として取り上げるテーマは、土地制度です。




体験授業、特別講座のお申し込みは:℡079-227-3191 受付時間:10時~18時 

Fax079-282-7322でも24時間受付中

私立文系_01.jpg
※時間割はクリックしてください。